コンテナ収納物と解約

一時的に不要になったもの、また置ききれないものはレンタルコンテナに移動させておけば部屋がすっきりしますし、またレンタルコンテナを拠点にして収納物を適宜取り出して使用することができます。しかし利用していると場所を変えたくなったり、もっといい場所を見つけることもあるでしょう。

収納物を他のレンタルコンテナに移動させたいという場合には一度解約をして、新たな場所で契約を結ぶといいでしょう。特に個人よりも会社の場合、解約をして他所で再度契約を結ぶことが結構あるものです。では、そのための手続きは、どういったものがあるのでしょうか。

解約に関しては、一般的に前月の月末までに業者に連絡をします。そして解約の月末までに収納物をコンテナから移動させてしまうことが必要です。解約をする月と同時に移動をするコンテナの契約を結ぶことも忘れてはいけません。それによって徐々にコンテナから収納物を新しい場所に移動させていくことができます。

新しい場所については早めに決めておき、収納物の移動ができるような状態にしなければなりません。また利用していた時に使用した鍵は、契約終了までに返却することになります。また多くの会社では契約時に保証金を預けることが多いものですが、これは解約時に返却されます。